大阪の矯正歯科を探す時に最も重要なポイントを大公開

矯正歯科

取り外し不可の歯列矯正

治療中

私は学生時代に歯列矯正をしていました。私が装着していたのは、取り外しができないタイプのもので、基本的には月に1回のペースで矯正歯科に行き、矯正のワイヤーを取り替えていました。もともと歯並びが悪く、下あごが出てしまっている状態でしたが、歯列矯正によって改善することができました。強制の色はワイヤーは銀色でしたが、装置自体は透明でしたのでそこまで目立つことなく、周囲の人からもあまり指摘されることもありませんでした。
大変だったのは、食べ物が挟まりやすいということで、学校に行っても、昼食の後は歯磨きを欠かしませんでした。歯列矯正を始めてすぐには効果は感じられませんでしたが、徐々に歯並びがよくなってきたことも実感できるようになりました。ワイヤーを交換すると最初の数日は歯がかなり痛み、ものを噛めない状態でしたので、かなりつらかった記憶があります。
また、学生時代に野球をやっておりましたが、ボールが口に当たったらどうしようといつも思っていました。器具を外した後も、定期的に矯正歯科に検診に行き、状態を確認しています。現在でも取り外し可能な装置を渡されており、寝る前に着けています。あまり長い期間付けないと違和感があるので、定期的に矯正歯科は使用しています。

更新記事

矯正歯科を選ぶポイントってなに?

歯は食べ物を咀嚼するためにとても大切です。その上、ヒトの第一印象にも関わるので、歯を矯正する際に失敗は許されません。そこで、矯正歯科を…

矯正歯科での矯正方法

矯正歯科では、出っ歯、すきっ歯、乱くい歯、受け歯、などなど、悪い歯並びを治療して矯正するところです。矯正歯科の歯列矯正で美しい歯並びに…

矯正歯科に行く理由とは

矯正歯科に行く理由としては、単純に歯並びを良くすることが大きな目的となるかと思います。私の場合は歯がかなりガチャガチャで、親知らずも横…

取り外し不可の歯列矯正

私は学生時代に歯列矯正をしていました。私が装着していたのは、取り外しができないタイプのもので、基本的には月に1回のペースで矯正歯科に行…